• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 株式会社ハローズ
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2010.12.14

イベント

野本安啓選手、西原誉志選手 JFAこころのプロジェクト「夢の教室」に初参加

ファジアーノ岡山 野本安啓選手、西原誉志選手が、12月14日、岡山市伊島小学校6年生対象のJFAこころのプロジェクト「夢の教室」に「夢先生」として参加しました。ファジアーノ岡山は、「夢の教室」に、初めて参加しました。

今回、6年1組は、JFA式田高義先生が夢先生を、野本選手と西原選手はアシスタントとして、6年2組は野本選手が夢先生を、西原選手がアシスタントとして参加しました。

前半は体育館で体を動かす時間、後半は教室で夢の話の時間です。



体育館では、体を動かすのと同時に、ゲームをとおして、どうしたらうまくいくか、みんなで相談し、出来たことを発表したり、楽しみながら、仲間と協力すること、チームワークを学びました。





そして、教室に移動し、スーツに着替えた野本先生が、小学校でサッカーを始め、プロサッカー選手を目指し、怪我で落ち込むこともあったが、仲間の励ましも受け、夢をあきらめず、プロサッカー選手になったこと、そして、これからの夢について語りました。





生徒の皆さんは、真剣に耳を傾け、夢をかなえることの大切さやすばらしさ、どんなときもあきらめないことを感じてくれたのではないかと思います。

そして、それぞれ、自分の夢を「夢シート」に書き、何人もの生徒の皆さんが「夢」を発表してくれました。



野本先生から、「仲間を大切に、夢に向かってがんばってください。」と激励、楽しい「夢の教室」は終了しました。





ファジアーノ岡山では、今後も地域貢献活動の一環として、サッカー教室など子どもたちとふれあう活動を行なっていきたいと考えています。



《JFAこころのプロジェクトとは》

「サッカーを通じて子供たちの心身の成長に寄与したい」という主旨で、日本サッカー協会が2006年2月に立ち上げたプロジェクトです。

同11月には JFA内に「JFAこころのプロジェクト推進室」を設置し、翌年4月より本格スタートを切りました。

このプロジェクトは、元日本代表、現役のJリーガー、なでしこリーグ、JFL、Fリーグの選手、そのOB/OGや、他種目のスポーツ選手の現役、OB/OGなどの関係者の協力を得て、彼らを「夢先生」として小学校に派遣し、『夢の教室』と呼ばれる授業を行ないます。

授業では、フェアプレー精神や助け合うことの重要性を教えるとともに、夢を持つことの大切さを児童に伝え、それについてディスカッションをしながら子供たちと交流を深めます。

詳細はJFA公式HPをご参照ください。



このページの先頭へ