ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2016.04.23

試合

J2第9節 モンテディオ山形戦 監督・選手コメント

◆長澤徹監督
小雨降る中、8,000人以上のお客さんが集まってくれて非常に感謝している。勝点3を届けられなかったことに対して非常に悔しく思っている。ただ次の試合もホームで出来るので、しっかりとやっていきたい。
ゲームの方は、山形は去年J1にいてゲーム自体は勝ちがないとはいえ、分析した中では非常にアグレッシブなゲームを続けていて、紙一重という部分が今日のテーマだった。相手のディエゴに入ったカウンターを止めきれずにペナルティエリアの中まで持ち込まれてしまって、そこで1つやられたのは警戒した形ではあったので、もう少し何とかできたのではないかと思っている。
フットボールなのでそういう“1”はあることで、そこからの我々のゲームの構成というか出て行った勢い、本当はイーブンで行きたかったが点差関係なくそこから出て行った。本当にゴール前の紙一重の部分で、今日はポストに当たって内側に入らなかった。そのサッカーの奥深さの部分、悔しさを含めてしっかり蓄積して、次の町田戦に臨みたいと思う。
チームの終盤にかけた勢いとか、きちんとキーパーとマッチアップする形を作り出す共通理解のスピードとか、そういう部分に関しては前に進んでいるので、しっかり自信を持って次のゲームはこじ開けられるように、また政田でしっかりトレーニングして準備したいと思う。

 

◆押谷祐樹選手
久しぶりというか1カ月ぶりだったので、ゴールを決めたい気持ちが強かった。決められたら良かったが、相手のキーパーが強かった。
(入った時のスタンドの拍手もすごかったですね?)自分の力になるし、拍手で送りだしてくれるのはすごく嬉しかった。
(ポストやバーに当たって)運がなかったと言えば無かったが、ああいうところが決まっていれば違う展開になっていたと思うし、僕自身も外しているし、ここ何試合か1点しか取れていなかったりするので、そこは課題。僕も戻ってこれたし、これから取っていきたい。
2年前くらいに、連戦でここで勝ってチームが上昇した時があったので、ここの連戦はすごく大事。上位との差を縮めていけるように頑張りたい。

 

◆三村真選手
(初出場でしたが?)時間が短かったので、もう少し出たかった。負けている状況だったので、自分からチャンスを作れるように仕掛けていこうと思っていた。あの時間に入って、チャンスを作りたかったが、なかなか作れなかったので、もっとやっていきたい。
怪我で出遅れたが、ここからチームの力になれるように頑張りたい。しっかりコンディション整えて、試合に絡んで行けるように怪我をしないでやっていきたいと思う。

 

◆岩政大樹選手
(雨の中8,000人以上入りましたが?)整列した時に見渡すとすごく入っていたので、期待を感じた。それもあって負けたことを情けなく思う。
まだまだ弱いなと、率直な感想。スカウティングでも相手のやり方は分かっていて、雨のピッチというのも分かっていて、想定されるすべての状況を分かっていたのになかなかリズムを作れなかったこと、これはチームとして解せなかった。
まだビデオは見ていないが、失点シーンはそんなにチームとして問題はなかったと思う。守備はほとんどやられていない。相手が狙っていた展開になり、お互いあまりチャンスを作れなかった状況で時間が進んで行って、相手の思う展開になって、自分たちは弱いなという感じ。
とにかくこういう勝てば上についていける、負ければ下がついてくる状況の中で、勝ち切れないのは弱いということ。強いチームは勝ってくる。
(これを勝点に繋げていくには?)いろんなアプローチがあるが、少しずつ変えていかないといけないし、スーパーな選手が十何人そろっているチームではないので、今ある現状の戦力の中でみんなが少しずつ成長してJ1に挑戦していこうとやっているので、その中には勝つことも負けることもあるが、ここまである程度良い内容と勝点を積み上げてきたが、今日はいろんな意味で自分の中では一番悔しかった。相手の想定をすべて分かっていて、条件も分かっていて、前半やって相手のやり方も分かって、後半になってそのまま0-1で負けた。これは強いチームにはあってはならない。
今日も勝って、次も勝って順位を上げていって、早い段階で順位を上げてサポーターの皆さんに集まってもらいたい。そうでないと1万人に届かないというのは自分の中であったので、そういう意味でもすごく残念。でもこれが僕たちの実力だから仕方ない。こうなったら順位云々というより、今日の戦いも含めてまだまだ自分たちの力が足りないということが分かったので、足元を見つめ直してもう一回作り直さないといけない。

 

◆豊川雄太選手
(振り返っていかがですか?)悔しい。いつもと変わらず点を取ることを意識して入った。点が取れたら一番良かったが、決められなかったのは情けないし力不足を感じている。課題は多いが、一人ひとりがレベルアップするしかないし、僕なんかが決め切るということをやっていかないと勝てないと思う。
(これからに向けて)しっかりと勝っていきたいと思うし、次は連敗しないように次勝つことが大事。練習からコミュニケーションを取りながら二度と同じ過ちを繰り返さないようにやっていきたい。
(ピッチに入る時に大歓声がありましたが?)声援は毎回聞こえているし、後押しされるし、それで自分が決めれなかった、勝てなかったということは申し訳なく思う。
(地元の熊本へも)サッカーでしか元気は与えられないので、今やるべきことをしっかりやっていきたい。

pagetop