• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • オカネツ工業株式会社
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 備商株式会社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2023.11.12

試合

J2第42節 ツエーゲン金沢戦 監督・選手コメント

11月12日13:00キックオフ@石川県西部緑地公園陸上競技場
ツエーゲン金沢 1-1 ファジアーノ岡山
前半 1-1
後半 0-0

12分 林 誠道(金沢)
28分 永井 龍

■木山隆之監督
まず初めに、遠いところまで来ていただいたサポーターの方々、そしてDAZNで後押ししてくださった皆さんに御礼を申し上げます。そして、一年を通してサポートいただいたことに本当に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
試合の内容としては、自分たちの不用意なプレーで相手に得点を与えてしまい苦しいスタートだったが、そこからは自分たちのプレーを出せる時間が前半あって、何回かチャンスを作ってその1つを決められた。前半、ボックス周りまで行けていたので、思い切って入れていくプレーだとか最後破っていくプレー、シュートを打ちきっていくプレーを増やしたかったが、そこは今日も増えなかった。
後半、相手も勝つ気持ちがあってどちらに転がるか分からない展開となり、徐々にオープンな展開になってきた。それでも何とかと思ってやっていたが、後半は押しきれなかった。これまで出場機会があまりなかった選手もしっかりプレーしてくれていたし、自分たちの力を出そうと努力してくれていたので、そこには後悔はない。一年の最後に勝って終われるよう今週努力してきたが、勝ちきれなくて残念だし申し訳ない。
選手たちには、これがまたそれぞれのスタートなんだと伝えた。こういう悔しい思いをした一年の中で掴んだものを次へつなげていって欲しいし、私自身もこの結果を次に向かってつなげていきたい。
最後に改めて、一年間のサポートに感謝申し上げます。ありがとうございました。


■濱田水輝選手
今日は感謝の気持ちだけ、自分の持てる力を出しきろうと思いピッチに立った。
自分は特別なことができる訳ではないが、これまで戦ってきた強み、空中戦だったりを最後までやり続けようと入ったが、久しぶりの公式戦で、個人的な感情も入って少しバタバタしてしまった。それも含めて自分かなと思う。
どうにかセットプレーで得点を取りたかった。一度チャンスがあって先にボールに触れていたが得点につながらず悔しい。絶対に勝てる、勝ちきると思って入ったので、最後やりきれなかったが、自分の力は出しきった。
(チームには)ファジアーノらしく、ひたむきに、謙虚に、泥臭く、まっすぐにやり続けて欲しい。
みんな頑張っているし、自分も試合に出られなくてもやれることをやろうとしている中で、勝ちきれないのは、仲間のために戦う集団、その集団感がもう少し出ればと感じた。誰が悪いとかではない。
シーズンの最後の方は思い切りの良さもなくなってきてしまった。今日は少し吹っ切れた感じがあったが、キャンプや開幕してすぐの磐田戦の時のような躍動感みたいなものを見せることができなかった。その原因が何なのか、それが分かれば物事はうまくいくんだが、それぞれが頑張っているが、それがつながって、誰かがミスしても誰かがすぐカバーする、それの繰り返しで強くなっていく、そういうチーム、そういう集団になっていけたらと思う。