• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 株式会社ハローズ
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.08.17

試合

J2第28節 アルビレックス新潟戦 監督・選手コメント

8月17日19:03キックオフ@デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 0-3 ファジアーノ岡山
前半 0-1
後半 0-2

32分 仲間隼斗
63分 山本大貴
90+5分 イ ヨンジェ


◆有馬賢二監督
選手たちが自分たちのやってきたことを信じて臆することなく、新潟相手にボールを奪いに行った。戦ってくれた。なかなか勝点3が取れない中での戦いで、自分たちがやってきたことを思い出して、それができたことが勝点3につながった。
新加入の選手2人には関しては、今週天皇杯があったので、本当に大きな絵だけを伝えながら、それでも彼ら二人は覚悟を決めてチームに来ていて、数日間のトレーニングだが積極的に取り組んでくれていたので思い切って先発で使った。ただトレーニングでやれたことは限られた部分だけだったので、さらにこれからよくなっていくと思う。
サポーターの方が多く、大きな声で応援してくださったことは選手を非常に後押ししてくれた。


◆増谷幸祐選手
岡山に来て1試合目で、自分が来たから負けたというのは絶対に避けたかったので、是が非でも勝点3を持って帰るということができてよかった。
(いきなりスタメンだったが?)天皇杯の川崎フロンターレ戦で廣木選手が120分出た時点である程度予想できたので、何日かの間に岡山の試合映像をたくさん見て、なるべく廣木選手などに近づけるようにと入った。サイドバックとセンターバックとの守備のコミュニケーションの部分で、スライドが少しでも遅れると簡単にスルーパスを通されるのでそこを通されないようにということと、後はスライドを早くということを心がけた。
自分が来て負けたら何しに来たんだということになるので、まだ一試合だが、残り14試合あるのでそれを継続できたら良い。
琉球在籍時に無失点のゲームがあまりなかったので、自分としては今日の無失点はうれしいが、67分に足を攣って交代しているので、そこがまだまだ自分の弱いところでもあるし、伸び代でもあるかなと思う。
(ここを見てほしいというところは?)皆さんに見つけてほしい。「増谷選手はこういうことができるんだ」というのを、興味持ってもらえたらいいなと思う。
まだ来て4日目ぐらいなので、なかなか選手とコミュニケーションをとれていないが、みんな優しくて積極的に話しかけてくれるので、入りやすかった。
移籍するからには結果がすべてなので、このタイミングで岡山に行くことになって、岡山に来たからには少しでも上の順位を目指せるように、チームに活力を与えられたらと思っている。琉球にいたときから岡山のサッカーがまじめで堅実でやっていてやりづらい相手だったので、自分はそこが少し足りないというか、岡山は守から入る堅実なサッカーしているチームだと思い、自分にないところを求めていかないとサッカー選手としては上に行けないと思ったので、判断した。
どんどん前向きにプレーしていこうと監督からも求められていて、そこをもっと出せればいいかなと思う。


◆山本大貴選手
(どんな気持ち?)すごくうれしかった。今年けがからスタートして復帰して、試合に出られて得点できて、よかった。
チャンスをもらったので、試合で結果を残してアピールしたいなという思いで頑張った。ミーティングもやってるし、練習中もみんなよく話し合ってやっているので、自分もやりやすくやらせてもらえている。
ヨンジェ選手が裏に抜けるのでそのセカンドボールだったり、その抜けた後の足元を意識してやった。
(ゴールは)ヨンジェ選手が競り勝って裏に抜けて、ゴールキーパーも出てきていたのが分かったのでループを狙って入ってよかった。
3連敗していたということで流れも変えたかったし、新加入した自分と増谷選手、フレッシュな選手が試合に出て結果を残せたのでよかった。
覚悟をもって移籍してきたので、その覚悟をもって試合に臨んで結果を残していきたい。フォワードとしてゴールを決めて、J1昇格に向かって頑張っていきたい。

 

◆仲間隼斗選手
勝つのはいいなと改めて思った。連敗で流れが悪いのは確かだったが、監督が自分たちの積み上げてきたものは失わないということでしっかり自分たちのできることをやろうと言っていて、それがうまく出た試合だったと思う。自分たちが能動的に奪いに行く姿勢が全面に出て、五分五分のボールも回収できたことが良い試合運びにつながった。
天皇杯で、なかなかチャンスがなかった選手たちがあそこまで戦っている姿を外から見ることができたのは、今日も90分間全員が走り切れた要因だと思う。
(ゴールは)左サイドでうまくボールがつながって、リズムがいい感じでできていたので、いつかチャンスが来るだろうと思っていた。そんな時に上田選手が左サイドまで来てくれてラストパスを送ってくれたので、あとはトラップをしっかり止めて打ち込むことに集中した。誰かがゴールをこじ開けないと、チームの勝利には近づかないと思っていたので、それが今日は自分だったのはよかった。
山本選手は裏にも抜けられるし、足元の技術も高いし、ポストプレーもできると思うので、うまくフィットしたと思う。
今日のいい流れを次も出せれば勝てると思う。今日のように戦う姿勢を出さないと、前回や前々回のような負けをしてしまうと思うので、もう一回一から自分たちのできることを100%したい。

このページの先頭へ