• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 株式会社ハローズ
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.02.24

試合

J2第1節 水戸ホーリーホック戦 監督・選手コメント

2019明治安田生命J2リーグ 第1節
2月24日(日)14:03キックオフ @シティライトスタジアム

ファジアーノ岡山 0-1 水戸ホーリーホック
前半 0-0
後半 0-1

51分 茂木駿佑(水戸)

入場者数 9,256人

 

◆有馬賢二監督
まずは選手たちが、自分達のやるべきことを本当に全力でやって戦ってくれたゲームだった。お互いにボールを奪いに行く中で、自分達がボールを奪いにいき、ゴールに向かう姿をお見せできたと思う。
相手に時間を与えない中で、多少自分たちの右サイドのところはスライドが遅れて、なかなか奪いきれなくて押し込まれた部分があったが、それ以外のところは自分たちが連動しながら前で奪うことができたのと、背後を狙いながら空いたところでしっかり自分たちで保持しながら運ぶ形はできたと思う。そういう意味では、自分たちのリズムは前半はできた。
最後のところでチャンスはつくれたが、取り切れるか取り切れないかの差が出た。ただ、やろうとしたことは多くが見えたので、これからどう選手たちと積み上げて行けるのかが大事なところ。
あとはやっぱりこの雰囲気で、選手たちを鼓舞していただいた観客の皆さんに、お礼を申し上げたい。

 

◆久保田和音選手
非常に悔しい結果に終わったが、リーグ戦はまだ始まったばかりなので、次に切り替えていきたい。
やってやろうという気持ちもあったし、チームとしても個人としても結果を出したかった中で出せずに敗戦し、次につなげていきたい。
チームとして立ち上がりはしっかりしていこうという話だったので、最初の10分はいい流れでゲームを進めることができたが、そこからゴールにつなげていくことができなかった。
何度かボールを失ってしまうところもあり、間で受けられたら攻撃につなげられる自信はあるので、後半はロングボールが多くなってしまって間で受けられなかったので、もっと間に入って攻撃を組み立てられるようにしていきたい。
まだまだ納得できず、すごく課題が残ったので切り替えてやっていきたい。相手が前からくるので、ロングボールになってしまったので、そこをうまく話しながら、自分たちのサッカーをもっとチャレンジしていきたい。
開幕戦に負けてしまったが、しっかり切り替えてこれから全勝していく気持ちでやっていく。

 

◆田中裕介選手
何回かチャンスはあったが生かせず、失点してしまって悔しい試合だった。キャンプを通していい準備をしてきたと思っていたし、自信を持ってやろうと、自分からも声をかけて前半はアグレッシブにできた。
(失点シーンは)陣形が崩れてしまって、きれいにやられてしまった。映像を見ていないが、次はしっかり防ぎたい。
昨年も水戸に2敗していると聞いていたが、勝てるチャンスはあったし、アウェイでやるときは今日の借りを返したい。
結果は出ていないし、自分たちの時間が多かったかといわれると、まだ改善の余地がある。長いシーズンの中で、結果は求めつつ内容も向上していきたい。
開幕後すぐに結果が出れば一番良いが、相手も必死だし、最初からうまくいくとは思っていないし、積み上げていくのは難しい作業。大事なのはあきらめずにやっていくこと。
今日は勝てなかったが、来週試合があるので、そこで勝点3をとれるように頑張りたい。今日はたくさんのお客さんに来ていただいたので、やりやすかったし、それに応えられるように、勝ってまた来ていただけるようにしたい。

 

◆上田康太選手
正直、悔しい。たくさんのお客さんが来てくれて、期待してくれていた中で、結果を残せなかったことが残念。次、またホームでできるので勝つしかない。
(前半は)狙い通り相手の背後をついて相手陣地でサッカーできる時間が多かったので、ビルドアップしてから裏を使うところと、バイタルを使うところはできていたが、失点してからは守備が雑になってしまって、攻撃に行きたいが相手のカウンターを食らいやすくなってしまった。前からしっかりプレッシャーをかけることは前半はよくできたが、後半はセカンドボールを拾われてカウンターを受けることが増えた。攻撃は最初は背後をつけて相手を押し下げられたが、そのあとに手前を使って相手にとって怖い攻撃ができれば、やろうとしていることができたと思う。
先に失点してしまったので、急いで前に攻めざるを得ないところはあったが、でもどんな状況であれ、チームが目指すところをやれないといけないので真ん中の選手や後ろの選手がリーダーシップをとって守備も攻撃もうまくいくようにコントロールできないといけない。
前半のフリーキックは絶好の位置で、前の選手がいい形でとってくれたので、せめて枠に入れたかったし決めたかったが、もっと練習をして次は決められるようにしたい。セットプレーは、中に入る選手が迫力をもって入ってくれているので、あとはキッカーの質次第。集中して蹴っていきたい。
ホームで連敗はあり得ない。僕たちを応援してくれると思うので、その期待に応えたい。

このページの先頭へ